相続

相続の種類と注意点|相続放棄とは?単純承認と限定承認の違いは?

相続をすることになったけど、どうすればいいのか全くわからない。

そんな方は一番最初この記事を読んでください。

この記事に書いてある内容は、相続手続きを進めていく上で必ず知っておく必要があります。

相続の種類

相続には3つの種類があります。

①単純承認
②相続放棄
③限定承認

①の単純承認は残された遺産を資産も借金も全て相続することです。

亡くなった方の経済状態をそっくりそのまま引き継ぐ形です。

②の相続放棄と③の限定承認とはどのようなものなのでしょうか?

資産より負債・借金が多い場合は相続放棄・限定相続が有効

夕陽 物悲しい

単純承認は資産だけでなく借金・負債も全て相続します。

そのため、借金の方が資産より多く残っていた場合、
単純承認してしまうと、結果的に借金だけが残ります。

なので、借金の方が多く残っている場合は、②の相続放棄か③の限定承認を選ぶことになります。

相続放棄

相続放棄とは、その名の通り遺産相続を放棄することです。

一度相続放棄すると取り消しはできない

取り消しをできるケースもありますが、基本的にできません

相続放棄しても生命保険の死亡保険金はもらえる

生命保険の保険金は相続財産ではないため、相続放棄した場合でも、生命保険の保険金は受け取れます。

相続放棄をした場合、代襲相続は発生しない

相続人が相続放棄をした場合、その人ははじめから相続人ではなかったという扱いになるため、代襲相続は発生しません。

相続人が被相続人より先に亡くなっていた場合、相続人の子どもが代わりに遺産を相続します。これを代襲相続と言います。

例えば、親が亡くなった場合は、通常その子どもが相続人になりますが、子どもが親より先に亡くなっていることもあります。
その場合、孫がいれば孫が子どもの代わりに相続をします。

しかし相続放棄をした場合、代襲相続は発生しないので、
被相続人の子どもが相続放棄をすると、孫は相続人にはなりません。

相続放棄は一人でもできる

相続人が複数いる場合でも、一人で行えます。

相続放棄に他の相続人の同意は必要ありません。

限定承認

相続した遺産の範囲内で負債の弁済義務を負うのが限定承認です。

限定承認では、相続した資産が借金よりも多ければプラスになりますが、借金が資産より多くてもマイナスにはなりません。

【預金500万円、借金300万円を相続した場合】

200万円が実質の相続額となります。
この場合、単純承認でも限定承認でも結果は同じ。

【預金500万円、借金800万円を相続した場合】

単純承認だと300万円の借金が残ります。

ですが限定承認だと預金の500万円の範囲内で借金の弁済義務を負うので、±0になります。

つまり、どのくらい借金があるのかがハッキリしない場合は限定承認が有効ということです。

ですが、限定承認は相続人全員の同意が必要があるうえに、裁判所への申し出をしなければなりません。
非常に手間かかるため、限定承認はあまり使われないようです。

相続の期限は3カ月

遺産を相続する場合、相続人は「自分が相続をしたことを知った時から3カ月以内」に、
単純承認・限定承認・相続放棄のいずれかを選ばなければなりません。

被相続人が亡くなったことを知らなかった場合や
そのことを知っていても、
自分が相続人であることを知らなかった場合は、その間はカウントされません。

まとめ

この記事では相続に関する基礎的な知識をまとめました。

おさらいをするとこのようなになります。

①単純承認:残された遺産を資産も借金も全て相続すること

→負債が資産より多い場合は不利


②相続放棄:遺産相続を放棄し、相続を一切しない

・保険金は相続放棄をしても受け取れる
・相続放棄をすると代襲相続は発生しない
・相続人が複数いる場合でも、相続放棄は自分一人でできる


③限定承認:相続した遺産の範囲内で負債の弁済義務を負う

・資産と負債のどちらが多く残ってるかわからない時に有効
・相続人全員の同意が必要があるなど、手間がかかるのであまり用いられない


④相続の期限は
3カ月

それでは以上の内容を踏まえて、具体的な相続手続きの流れを確認していきましょう。

RECOMMEND

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。