相続

相続した不動産を即売却した3つの理由|実際の売却価格や費用も公開

相続した不動産をどうするか悩んでいる。

そんなあなたのための記事です。

叔父から不動産を相続した僕が、

相続した不動産をすぐに売却した理由
・売却にかかった費用
・売却した率直な感想

を正直に書きました。

相続した不動産を保有するか売却するか悩んでいる方は、
ぜひこの記事を役立ててください。

ゼロガ丸です。

僕と兄は亡くなった叔父から不動産を相続しました。

不動産を相続した場合、選択肢は三つあります。

①自分たちで使う
②第三者に貸す
③売却する

僕たちは③の売却を選びました。

①の自分たちで使う②の第三者に貸すだと、兄弟で不動産を共有することになります。

ですが不動産の共有はリスクが高く、お金もかかります。

さっさと売却して現金に変えて、兄弟で分けた方がはるかにわかりやすいです。

不動産の売却は不動産屋さんに丸投げでした。

不動産売買の仲介手数料が最大無料、半額!不動産売買、中古マンション売却・購入ならREDS(レッズ)

利用や賃貸はせずに売却した3つの理由

僕たちが相続した不動産をすぐに売却した理由は次の三つです。

①不動産の共有はリスクが高い
②利用や賃貸をするにはリフォームが必要
③保有でも売却でも相続税は変わらない

兄弟で不動産を保有し活用するのはリスクも高く、お金もかかります。

また、僕らの場合は保有でも売却でも相続税はかかりません。

それだったら消費税増税やオリンピックの反動で消費が冷え込む前に、
さっさと売ってしまうのがいいと判断しました。

①不動産の共有はリスクが高い

自分たちで利用をするにしても、第三者へ賃貸するにしても、
不動産の共有はトラブルの元になりかねません。

自分たちで利用する場合

まず「誰」が「どう」使うかを決めなければなりません。
ここをあやふやにしたら絶対に後でもめます。

ですが使い方を決めるのも骨が折れます。

僕らは兄弟2人とも働いているので、全員で話し合う機会もなかなか作れません。

そして、利用方法が決まったとしても、きちんと決められたように使われる保証もないし、
十中八九予想外のトラブルが起きるでしょう。

管理費の負担もどうするか決めなければなりません。

絶対に何かしらもめます。

賃貸する場合

家賃収入の扱いが面倒です。

家賃収入が毎月自動的にそれぞれの口座に半分ずつ振り込まれるなら、
そこまで問題ないですが、多分そうはならないでしょう。

しかも、賃貸する場合、物件にトラブルが起きた時、貸主の負担で修繕をしなければなりません。

その負担は兄弟の誰がするか?といったことも問題になってきます。

なんやかんやで絶対もめます。

最大のリスクは持分の売却・担保

不動産を共有している場合、所有者は自分の持分を自由に処分できます。

なので、自分の持分だけを売ったり、担保に入れることが可能です。

共有している他の兄弟が勝手に、本人の持分を売却したり、担保に入れてしまう可能性も十分あります。

共有不動産が競売にかけられでもしたらもう最悪。

とにかく、不動産の共有は非常にリスキーなので、売却することにしました。

不動産を相続したら速やかに売却してしまうことをオススメします。

②リフォームしなければならない

そもそも相続した物件は非常に汚く、壁もボロボロだったので、
使うにしても貸すにしてもリフォームが必要な状態でした。

不動産の共有は非常にリスクが高いうえに、高額のリフォーム代がかかるとなると、
どう考えても売却してしまうのが最善でしょう。

どんなリフォーム工事も可能|リフォーム比較プロ

売却ならリフォームしなくても大丈夫

売却する場合、必ずしもリフォームをする必要はありません。

リフォームせずに売却をして、購入者側で好きなようにリフォームしてもらえばいいんです。
その方が手間もお金もかからないし確実です。

リフォームしても高く売れるとは限らない

リフォームをしてから売却することで、売却価格が上がる可能性はあります。

ですが、リフォームにはお金も時間もかかるうえに、上手くいくとも限りません。
仮に高く売れたとしてもリフォーム代などの費用を考えると、そこまで利益が出ないかもしれません。

リフォームしてからの売却だと、リフォーム代がかかり、売却するまで時間もかかります。
これは確実です。

しかし、どれだけ利益になるかはわからない。

中古の物件をリフォームして高く売る。
それが理想的ですが、素人には難しいというのが現実です。

また不動産屋さんが言うには、リフォーム業者によっては素人相手だと高い金額でふっかけてくることもあるようです。

今回はあまり欲をかかないで、堅実にいくことにし、リフォームはせずにそのまま売却しました。

③基礎控除額以内なら相続税はかからない

相続をした時に気になるのはやはり税金。

相続した不動産を保有し続ける場合と売却した場合では相続税に差があるのか?
これは非常に重要なポイントです。

結論から言うと、保有し続けても売却しても、
相続財産の金額が基礎控除額以内なら相続税はかかりません。

基礎控除額の計算はとっても簡単です。

【基礎控除額】
3,000万円+相続人の数×600万円

相続人が一人なら3,000万円+1×600万円で3,600万円、
相続人が二人なら3,000万円+2×600万円で4,200万円が基礎控除額となります。

僕らは二人兄弟なので、相続資産総額が4,200万円以内なら相続税がかかりません。
相続した不動産は購入価格が1,500万円で、不動産以外の資産はほとんどありませんでした。

なので、基礎控除額を越える心配はありません。

つまり、相続税の観点からは、保有でも売却でも、どちらでも関係なし!

1400万円で売却

購入価格は1500万だったので、ほぼ同等の価格で売却できて安心しました。

購入から10年以上は経っていて、おじがペットを飼ってたせいで壁がボロボロだったので、
1400万円で売れてホントよかったです。

初めてアベノミクスの恩恵を受けた気がしました。
消費税増税の駆け込み需要の影響もあるでしょう。

とにかくラッキーでした。

ちなみに、単純計算で一人当たりの相続額は700万円ということになりますが、
そうはいきませんでした。

葬式や売却の仲介手数料などの費用が合わせて150万円ほどかかったのと、
叔父には数百万円の負債(ローン)があったためです。

まあ、相続額がプラスだったのでよかったですが。

売却は不動産屋に丸投げ

不動産売却に関しては、前から付き合いのある不動産屋に丸投げしました。

遺品整理や相続手続きのための司法書士の手配もしてもらいました。

遺品に関しては、動かせるものをこっちで処分すれば、
残った分は買主の側でリフォーム工事の際に一緒に処分してくれるという話になりました。

遺品整理はとくに僕ら遺族はなにもしてません。

遺産相続は初めての経験で、大金が絡んでいることなので、
個人的にはもっと詳しく説明をしてほしいと思うこともありました。

ですがなるべく早く不動産を売却してしまいたかったので、あまり口出しはしませんでした。
あれこれと細かく質問や確認をしていると、不動産屋さんの邪魔になる恐れがあったからです。

付き合いも長い方だったので、信用して任せました。

不動産売却にかかった費用は75万円

不動産屋仲介料は62万円でした。

相続登記のための司法書士の手配や、遺品整理など全て丸投げだったので妥当な対価だと思っています。

売却に伴う遺品整理・ごみ処理代は5万円で、司法書士の相続登記代は8万円でした。

率直な感想

夕焼け 光

相続した不動産をすぐに売却してよかったと思っています。

自分たちで使うにしても、第三者へ賃貸するにしても、不動産の共有は後でもめる可能性が高いです。
また、不動産のまま保有しておくより、すぐに売却して現金にしてしまった方が断然わかりやすいです。

売却額も満足しますし、不動産屋さんに丸投げだったので、
とくに手間もかかりませんでした。
なにより、相続してから売却するまの期間がとても短かったのが、ありがたかったです。

不動産屋さんの仲介料の62万円も妥当な金額だと思っています。
完全に丸投げしていたので、もう少し高くてもいいくらいでした。

相続人が自分一人なら、他の相続人ともめる心配はありません。

ですが相続人が複数いる場合は、共有はせずに早めに売却してしまうことをおすすめします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

相続した不動産の活用方法を決める際の、参考にしていただければ嬉しいです。

【不動産売買仲介会社】
不動産売買の仲介手数料が最大無料、半額!不動産売買、中古マンション売却・購入ならREDS(レッズ)

【リフォーム見積もり】
どんなリフォーム工事も可能|リフォーム比較プロ

RECOMMEND

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。