相続

法定相続人の調査・確定方法|本籍地が変わっていたら要注意!【戸籍謄本・戸籍抄本】

ゼロガ丸です。

この記事では相続人の確定方法について書きました。

法定相続人の確定とは、故人の遺産を誰が相続するのかをはっきりさせるということです。

遺産相続に関して一番大事なポイントと言えます。

自分が相続人でなければ、そもそも遺産を相続できませんからね。

実際、僕も法定相続人が確定するまでは落ち着かなかったです。

特に僕は被相続人の甥なので、叔父に子どもや孫がいた場合は相続人にはなりません。
ずっと独身だと思っていた叔父に、離婚歴があったことが判明した時はヒヤリとしたものです。

それでは法定相続人はどのように調べて確定するのか?

具体的に見ていきましょう。

誰が相続人に当たるか?を知りたい方は先にこちらの記事をお読みください。

>>法定相続人の範囲と相続の割合|離婚していた場合や甥・姪は?【相続順位・法定相続分】

誰が相続人になり、どのくらいの割合で相続できるのかをまとめてあります。

法定相続人は戸籍謄本で調べる

法定相続人は戸籍謄本で調べます。被相続人の生ませてから死ぬまでの戸籍謄本を全て集めなければいけません。

戸籍謄本は現在の本籍地の市区町村役場で取り寄せます。
役場で戸籍謄本を発行してもらうには印鑑と本人確認書類が必要です。

郵送で取り寄せることも可能なので、本籍地が遠い場合などは郵送で取り寄せるといいでしょう。

被相続人の本籍地がわからない場合は、本籍地表示ありの住民票の除票で確認できます。

戸籍とは

そもそも戸籍とはなんなのか?
簡単にご説明します。

まあ手続きには直接関係ないので、興味なければ飛ばしてください。

戸籍について、法務省のホームページにはこう書いてあります。

戸籍は,人の出生から死亡に至るまでの親族関係を登録公証するもので,日本国民について編製され,日本国籍をも公証する唯一の制度です。

戸籍|法務省

簡単に言うと、「日本国籍があることを国が証明してくれる制度で、生まれてから死ぬまでの親族関係が登録されている」ということですね。

法定相続人を調べるということは、被相続人の生まれてから死ぬまでの親族関係をはっきりさせるということなので、
法定相続人の確定には戸籍を確認する必要があるというわけです。

戸籍謄本と戸籍抄本

戸籍に関する書類には戸籍謄本と戸籍抄本があります。

戸籍謄本は戸籍の原本の写しで、戸籍抄本は戸籍の原本の一部を抜き出したものです。

相続人の確定には戸籍謄本が必要になります。
戸籍抄本だと原本の一部なので不十分です。

【戸籍謄本】
戸籍の原本をそのまま写したもの
【戸籍抄本】
戸籍の原本の一部を抜き出したもの

法定相続人の確定に必要なのは戸籍謄本

本籍地が変わっていた場合は注意が必要

人によっては引っ越しや結婚を機に本籍地が変わっている場合があります。
その場合は、最終的な本籍地だけでなく、前の本籍地の戸籍謄本も必要です。

何度か本籍地が変わっている場合は、全ての本籍地の戸籍謄本が必要になります。

遠方だった場合は郵送で取り寄せるのがいいでしょう。

戸籍は最新のものから古いものへさかのぼって調べていく

まず初めに最終的な本籍地の戸籍謄本を集めます。
本籍地がわからない場合は、「本籍地表示ありの住民票除票」で本籍地を確認します。

本籍地が変わっていた場合は、戸籍謄本に以前の本籍地が記載されています。

次に以前の本籍地の戸籍謄本を集めます。
これ以上本籍地の変更がなければ、ここで終わりです。

しかし、さらに前の本籍地があれば、今度はそこの戸籍謄本を集めなければなりません。

出生時の戸籍謄本が出てくるまでこれこれを繰り返します。

忙しくて時間が作れなければ専門家にも依頼可能

本籍地の変更がなければそこまで難しくはありませんが、
本籍地の変更があった場合、戸籍謄本を集めるのもひと苦労です。

そういった場合は司法書士へ相続人調査を依頼するのもありだと思います。

なんだかんだで時間と手間がかかるので、仕事が忙しかったりすると、自分で必要な戸籍を集めるのは難しいものがあります。

まとめ

海 太陽 光

相続人の調査・確定はまとめるとこうなります。

・法定相続人は戸籍謄本で調べる
・戸籍謄本は郵送で取り寄せることもできる
・法定相続人の調査は自分でもやろと思えばできる
・故人の本籍地が変わっていた場合は必要な書類をすべて集めるのは大変
・時間がなければ専門家に任せるのもあり

僕らの場合は、叔父の本籍地が近くだったことと、本籍地の変更がなかったので、比較的簡単に戸籍謄本を集めることができました。

ですが、故人の本籍地が遠かったり、本籍地の変更があった場合は、相続人の確定が大変になります。

時間がない場合などは、専門家に任せてしまった方がいいかもしれません。

RECOMMEND

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。